比較したい!ウォーターサーバーのタイプ別コストパフォーマンス

コスパで選ぶウォーターサーバーの比較ポイント

コスパで選ぶウォーターサーバーの比較ポイント 現在、様々なウォーターサーバーが市場に出ており、何を比較したらいいか迷う人も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーは設置場所によって床置きタイプと卓上タイプに分けられます。それぞれ特徴があって、床置きタイプのものと比較して、卓上タイプのウォーターサーバーはより小型化されているものが多いといえます。また、使用するボトルに着目をすると、容器が使い捨てタイプとリユースタイプの2通りあります。また、業務用や家庭用といったようにウォーターサーバーは様々なタイプに分けられます。

それぞれの使用場面で、使用をする人のニーズは変わってきますので、様々なタイプのウォーターサーバーを、コスト面で比較する際にはどのような点に注目すればいいのか紹介します。

ウォーターサーバーのコストパフォーマンス比較は基本的に月々のコストに注目することがおすすめであると言われています。ウォーターサーバーを使用する場合、月々にかかる料金の三大目安が、レンタル料と水代と電気代が基本だと言われていますので、これらの料金を総合的に比較検討して、よりニーズに合ったものを選ぶことがおすすめです。

まず、ウォーターサーバーレンタル料については、有料のものと無料のものがあり、ウォーターサーバーの業者によっては、ある一定量の水を購入することを条件としてレンタル料金が無料になるものがあります。業務用などでお水の消費量が多いという時は、レンタル料金が無料になるウォーターサーバーがおすすめです。ウォーターサーバーの水代は、500ml換算価格で比較をすることができます。最低購入単位は8~36Lと幅があり、ニーズにあった量で比較をして検討しましょう。月々の電気代も比較の重要なポイントです。エコモードなどの省エネ機能が搭載されていると30%くらい電気料金に差が出ると言われていますので、エコ機能の有無で比較検討をすることがおすすめです。

定期メンテナンス料金にも留意しておきましょう。例えば、サーバーレンタル料金が無料になってもメンテナンス料金が有料の場合や、サーバーレンタル料は有料でもメンテナンス料金は必要ないというウォーターサーバーもあります。また、サーバーレンタル料は無料でメンテナンス料金も無料といったところや、オートメンテナンスであり、始めからメンテナンスは必要ないというウォーターサーバーも存在します。そのため、これらをタイプ別に見て総合的に考えてから比較をするようにしましょう。

最新情報

  • [2017年02月02日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年02月02日]
    運営者情報を追加しました。